Copyright © 2019, USHIKI & ASSOCIATES All rights reserved.

弁理士

斎藤 麻美

さい  とう     あさ   み

学歴 

東京理科大学理学研究科化学専攻 修士課程修了


修士論文テーマ:「ポリアミドアミンデンドリマー/リポソーム複合化粒子の薬物キャリアとしての機能性評価」

学歴 

略歴

理化学研究所 先進機能元素化学研究チームにて新規近赤外色素の研究に従事
都内特許事務所にて、主に国内特許の実務に従事(都内特許事務所を経て入所)

専門分野

化学全般、高分子化学、バイオマテリアル材料

旧所属学会

高分子学会、バイオマテリアル学会

自己紹介 

東京で生まれ(1984年)、仙台で高校まで過ごしました。中学ではソフトテニス部、高校では管弦楽部に所属し部活動に励んでいました。

 

そんな学生時代の部活動で培ったひたむきさを生かし、大学ではドラック・デリバリー・システムに関する研究を行っていました。大学の研究生活で特許出願に出会ったことが弁理士の道を目指したきっかけです。大学の研究室、理化学研究所に在籍した経験を生かし、発明者の皆様に身近に感じて頂けることを目標にしております。

 

モットーは「バカの壁を作らないこと」。ゆえに、なんでも興味をもって取り組むことを心がけています。特に最近はサッカーにはまり、週末は試合観戦や試合運営のボランティア活動を行っています。

 

こうした活動を通じて出会った皆様にも、知的財産権に興味・関心をもって頂けるよう発信していけることも目標にしております。