カプセル内の植物から精油およびヒドロゾルを抽出するための蒸留装置

【特許権者】アロマター エルエルシー
【特許番号】特許第6607980号
【登録日】令和1年11月1日(2019.11.1)
【要約】【課題】植物原料から得られる揮発性オイルの質と量を最大限に高めるためのモジュラー蒸留システムを用いたより効率的な蒸留処理方法を提供。
【解決手段】容器10に貯蔵された液体(水)より発生した水蒸気を、密閉された着脱可能なカプセル20内に収容された植物原料により多く接触させて、植物原料より揮発性オイルおよび水性蒸留物を抽出し、凝縮器30でカプセルを通過した浸出した水蒸気を凝縮させ、排出口38より流入した前記凝縮液を分離槽において、(ヒドロゾル等の)水性蒸留物水性蒸留物から揮発性オイルである精油と分離回収する蒸留システムを用いた蒸留処理。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
有機物質から揮発性オイルおよび水性蒸留物を抽出する方法であって、
前記方法は、
容器に貯蔵される液体から蒸気を発生させるステップと;
浸出した蒸気を生成するために、有機物質を保持するために構成された着脱可能なカプセルに、蒸気を通過させるステップであって、前記着脱可能なカプセルは、
注入口を囲み、前記カプセルの床底部の周縁に沿って形成された周囲集液溝部と、
前記カプセルの前記床底部に取り付けられ前記床底部から隆起している複数の段違い部材を含み、各段違い部材は前記段違い部材の上面と前記段違い部材の少なくとも1つの側面を貫通する複数の孔を含み、
前記床底部の下部に設けられたベース部材をさらに含み、その一部として形成された複数のトラック状扇部材を含み、前記トラック状扇部材は前記段違い部材に対応して前記段違い部材の下部に配置される
ステップと;
前記カプセルを通過させた後に、前記浸出した蒸気を凝縮するステップと;
分離槽で、凝縮された水性蒸留物の他の成分から揮発性オイルを分離するステップと;
前記分離槽の外部にある第1の回収領域で、前記オイルを回収するステップと;
前記分離槽の外部にある第2の回収領域で前記凝縮された水性蒸留物の他の成分を回収するステップとを含むことを特徴とする方法。
【請求項2】
前記液体は水であり、前記他の成分は水性蒸留物を含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記分離するステップは、
前記分離槽で、第1のプリセット位置でオイルの存在を感知するステップと;
前記プリセット位置で、蒸留物が検出されるときに、ピストンの動作を停止するステップと;
第2の現位置に、前記ピストンを引き下げるステップと;
前記分離槽から残留する液体を抽出するステップとをさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。
【請求項4】
前記分離するステップは、
少なくとも揮発性オイルおよび水性蒸留物を含む凝縮液を含む分離槽の中でピストンを駆動させるステップと;
前記分離槽内で第1のプリセット位置で、水性蒸留物の存在を検出するステップと、
前記プリセット位置で、水性蒸留物が検出されるとき、前記ピストンの動作を停止させるステップと、
第2の現位置まで前記ピストンを引き下げるステップと、
前記分離槽から残留する液体を抽出するステップとをさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。
【請求項5】
前記検出するステップは、
前記水性蒸留物の存在を確認するために、電極を配置するステップと;
前記水性蒸留物が検出されるまで、操作を続行するために、前記ピストンに第1のシグナルを送信するステップと、
前記水性蒸留物が検出されるときに、逆操作を行うために、前記ピストンに第2のシグナルを送信するステップとをさらに含むことを特徴とする請求項4に記載の方法。
【請求項6】
前記検出するステップは、
特定の体積の凝縮水を回収するまで、前記蒸気が空のカプセル内を移動し、凝縮器から分離ユニットまで、すべての管/室を洗浄するとき、逆操作を行うために、前記ピストンに第3のシグナルを送信するステップと;
前記洗浄用の凝縮水が、液体回収トレイに排出されるときに、逆操作を行うために、前記ピストンに第4のシグナルを送信するステップと、
洗浄ステップを終了するステップとをさらに含むことを特徴とする請求項4に記載の方法。
【請求項7】
前記検出するステップは、
添加剤カートリッジから、前記抽出されたオイルとともに使用するための組成物を得るステップと;
前記抽出されたオイルと、前記組成物とを混合して、最終組成物を形成するステップと;
前記最終組成物を貯蔵するステップとをさらに含むことを特徴とする請求項4に記載の方法。

Copyright © 2020, USHIKI & ASSOCIATES All rights reserved.