改善された乾燥機および乾燥方法

【特許権者】ゼロス・リミテツド
【特許番号】特許第6511170号
【登録日】平成31年4月12日(2019.4.12)
【要約】 【課題】乾燥工程で固体粒子を使用する乾燥機において、固体粒子材の除去および収集、乾燥効率の改善、織物保護および織物のしわを低減する。
【解決手段】固体粒子材を使用して基材の乾燥に使用する装置および方法を提供し、この装置は中に回転可能に取り付けられた円筒状のドラム(2)を有する筐体手段(1)、出し入れ手段、および少なくとも一つの収集手段を備え、回転可能に取り付けられた円筒状のドラム(2)は、固体粒子材の収集、そして固体粒子材の少なくとも一つの収集手段への転送を促進するように適合されている取込みおよび転送手段をさらに備えている。また周囲温度または昇温で固体粒子材を用いて基材を処理することを含んでなる方法を提供し、処理は本発明の装置を使用して行われている。本装置および方法は、濡れた織物の乾燥に特定の応用を見い出す。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
固体粒子材を使用して基材の乾燥に使用する装置であって、
(a)中に回転可能に取り付けられた円筒状のドラムを有する筐体手段;
(b)出し入れ手段;および
(c)少なくとも一つの収集手段、
を備え、該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムは、該固体粒子材の収集、および該粒子材の該少なくとも一つの収集手段への転送を促進するように適合した取込みおよび転送手段をさらに備え、
上記の取込みおよび転送手段が、該固体粒子材の該収集手段への転送を方向付けるように適合された伝達手段を備え、
(1)上記の取込みおよび転送手段がリフタ内に設置され、そして該伝達手段が複数の区画を備え、各区画がリフタの内壁の各側に沿って配置された複数の向かい合ったオフセットチャンバを備えているか、(2)上記の伝達手段がアルキメデススクリューを備え、アルキメデススクリューがリフタあるいは内部円筒ドラム板に備えられているか、のいずれかである上記装置。
【請求項2】
上記の出し入れ手段が実質的に密閉されたシステムを提供するように閉鎖されることができる請求項1に記載の装置。
【請求項3】
上記出し入れ手段が外槽に取り付けられた蝶番のドアを含む請求項1または2に記載の装置。
【請求項4】
上記の回転可能に取り付けられた円筒状のドラムが、穿孔を含まない中実側壁を含む請求項1,2または3に記載の装置。
【請求項5】
上記の回転可能に取り付けられた円筒状のドラムが穿孔側壁を含み、該穿孔が、3.0mm以下の直径を有する穴を含む請求項1、2または3に記載の装置。
【請求項6】
上記の回転可能に取り付けられた円筒状のドラムの回転が駆動手段の使用により作動する請求項1~5のいずれかに記載の装置。
【請求項7】
上記の取込みおよび転送手段が、上記の回転可能に取り付けられた円筒状のドラムから固体粒子材の進入を促進する第一流路、および該収集手段への該固体粒子材の転送を促進する第二流路を含む少なくとも一つの入れ物を備えている請求項1~6のいずれかに記載の装置。
【請求項8】
上記の第二流路が、該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムの側壁に少なくとも一つの開口部を含み、該少なくとも一つの開口部が、該固体粒子材の該収集手段への転送を可能にする直径を有する、請求項7に記載の装置。
【請求項9】
上記の取込みおよび転送手段が、該第二流路に位置し、そして該固体粒子材の該収集手段への転送を制御するように適合した調節手段を備えている請求項7または8に記載の装置。
【請求項10】
上記の調節手段が開閉式ドアまたはフラップを備えている請求項9に記載の装置。
【請求項11】
上記の調節手段が回転ドアを備えている請求項10に記載の装置。
【請求項12】
上記の調節手段が貯蔵所を備え、その中に該固体粒子材を集めることができる請求項10または11に記載の装置。
【請求項13】
上記の調節手段が、機械的手段、電気的手段および磁気的手段の少なくとも一つを含む作動手段により開閉を生じる請求項9~12のいずれかに記載の装置。
【請求項14】
上記の取込みおよび転送手段は、固体粒子材の進入および該固体粒子材の該収集手段への転送が該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムの回転方向により制御されるように適合されている請求項1~13のいずれかに記載の装置。
【請求項15】
上記の取込みおよび転送手段が、該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムの内面に間隔を空けて固定されたリフタに含まれている請求項1~14のいずれかに記載の装置。
【請求項16】
作動時に、該ドラムの回転により固体粒子材が該リフタの一方の側から他方の側へ、向かい合ったチャンバから部分的にオフセットされたチャンバ内に転送され、該固体粒子材が該リフタの全長に沿って搬送されるように、上記の伝達手段が複数の区画を含み、各区画がリフタの内壁の各側に沿って配置された複数の向かい合ったオフセットチャンバを備えている請求項1~15のいずれかに記載の装置。
【請求項17】
上記の伝達手段が、該取込みおよび転送手段の全長に沿って該固体粒子材を搬送するように適合されたアルキメデススクリューを備えている請求項1~15のいずれかに記載の
装置。
【請求項18】
上記の伝達手段がアルキメデススクリューを備え、
上記の取込みおよび転送手段が、該回転可能に取り付けられた円筒状のドラム内に配置され、そしてそれと同心の内部円筒ドラム板を含み、該内部円筒ドラム板が3.0mm以下の直径を有する穿孔を含み、そして該内部円筒ドラム板の外面が、アルキメデススパイラルを含む伝達手段を備えている請求項1~14のいずれかに記載の装置。
【請求項19】
上記の収集手段が容器を含む請求項1~18のいずれかに記載の装置。
【請求項20】
上記の容器が、該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムの端面に隣接して配置される請求項19に記載の装置。
【請求項21】
上記の収集手段が、該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムの前端面に隣接して配置され、そして該出し入れ手段に設置されている請求項20に記載の装置。
【請求項22】
乾燥操作で再使用するために、上記の固体粒子材の該収集手段から該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムへの再循環を促進する少なくとも一つの再循環手段を備えている、請求項1~21のいずれかに記載の装置。
【請求項23】
濡れた基材を乾燥する方法であって、基材を固体粒子材を用いて周囲温度または昇温で処理することを含んでなり、該処理が請求項1~22のいずれかに記載の装置で行われる、上記方法。
【請求項24】
上記の少なくとも一つの濡れた基材が、少なくとも一つの紡織繊維衣類を含んでなる請求項23に記載の方法。
【請求項25】
方法が:
(a)少なくとも一つの濡れた基材を上記の回転可能に取り付けられた円筒状のドラムに出し入れ手段を介して入れ;
(b)実質的に密閉されたシステムを形成するように出し入れ手段を閉め;
(c)固体粒子材を、該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムに導入し;
(d)装置の乾燥サイクルを操作し、該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムを回転させ、そして該固体粒子材は、乾燥が完了するまで装置を通して任意に再循環され;
(e)固体粒子材が取込みおよび転送手段により取り込まれ、そしてこれにより該収集手段へ転送されるように、該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムの回転を引き起こし;そして
(f)該回転可能に取り付けられた円筒状のドラムの回転を止める、
工程を含んでなる請求項23または24に記載の方法。
【請求項26】
(g)上記の収集手段を該装置から取り外し;そして
(h)固体粒子材の使用に依存する洗浄操作に洗濯機中で再使用するために、該固体粒子材を回収する、
工程をさらに含んでなる請求項25に記載の方法。
【請求項27】
上記の固体粒子材が多数のポリマー粒子またはポリマー粒子と非ポリマー粒子との混合物を含んでなる請求項23~26のいずれか1項に記載の方法。
【請求項28】
上記のポリマー粒子がポリアミド、ポリエステル、ポリアルケンまたはポリウレタンまたはそれらのコポリマーの粒子を含んでなる請求項27に記載の方法。
【請求項29】
上記の非ポリマー粒子が、ガラス、シリカ、石、木、金属またはセラミック材料の粒子を含んでなる請求項27または28に記載の方法。
【請求項30】
固体粒子材 対 基材の比が0.1:1から10:1重量/重量の範囲内である請求項23~29のいずれか1項に記載の方法。

Copyright © 2020, USHIKI & ASSOCIATES All rights reserved.

Copyright © 2020, USHIKI & ASSOCIATES All rights reserved.